【暁の軌跡】パーティー・クロチルダの性能をチェック!

新キャラ性能

新選組シリーズが終わって、2月最初の登場となったのは「パーティー・クロチルダ」!

アーツと防御面に優れた新衣装について、今回もあれこれ語っていきます。

スポンサーリンク

パーティー・クロチルダ概要

バージョン 実装日
ヴィータ・クロチルダ 2018年12月26日
パーティー・クロチルダ 2020年02月13日

クロチルダさん初の衣装「パーティー・クロチルダ」が実装されました!

青を基調とした大胆なドレスがすごく魅力的な衣装となっています。

最初はちょっと底知れない怖さもあったクロチルダさんですが、シリーズが進むたびに、ものすごく柔らかい雰囲気のお姉さんキャラに変わっていったように思います。

閃4のエリンの里で、エマ・ロゼ・セリーヌと4人で話してるときのほのぼの感というか家族感が好きで、あの場面は特に印象に残っています。(リィンが戻ってきたあたりです)

里にいた頃はあんな感じだったんでしょうね~。

そういえばロゼは、ことあるごとにクロチルダさんが出て行ってしまったことを嘆いていて。

それだけかわいかったんだろうなと思うと、2人の関係性にもちょっとほっこりしちゃいます。

CANOE
CANOE

エマとの姉妹関係も微笑ましくて好きです。

ヴィータ・クロチルダ パーティー・クロチルダ
魔剣舞踏 魔剣舞踏・改
無間氷獄 無間氷獄・改
瑞鳥召喚 瑞鳥召喚・改
蒼の深淵 蒼の深淵・改
遥かなるオペラ 遥かなるオペラ・改
  愁いの第二楽章
深淵の蒼き唄 深淵の蒼き唄・改

クラフトは全て一新、パッシブが1つ追加されています。

今回もパッシブを中心に、クラフト性能を見ていきたいと思います。

クラフト性能

蒼の深淵・改(Passive)

性能的にはもう「アーツ特化」といってもよさげな感じ…でしょうか。

攻撃クラフトもすごく強いと思うんですけど、零駆動や水の領域付与を考えると、アーツ主体の方が性能を活かしやすいのかなと思います。

自身のみとはいえ、実質永続で駆動時間0のアーツをポンポン撃っていけるって結構チートじみた性能ですよね。笑

魔女の一族の中でも、特に優れた才能を持っていたというクロチルダさんらしい性能といえそうです。

使うアーツは「水属性有効率アップ」もあるので、やっぱりアラウンドノアが最有力候補なのかなと。

全体範囲アーツをクラフトと同じように撃ちまくれるのは、大きな魅力だと思います。

4の「HPが100%のとき戦闘不能回避獲得」はどのタイミングなのかがちょっと気になっていて。

戦闘不能回避発動でHPが100%回復するので、100%になるたびに戦闘不能回避を獲得するとなると、それこそ無敵みたいになってしまいそうで…。笑

おそらくは「ターンが回ってきたとき」なのかなとは思うんですけど。

武術で実際に確かめてみたかったんですが、その前にまず「水の領域」を突破することができなかったという…。(・ω・;)

攻撃を防いだ場合も「水の領域」を再度獲得できるので、戦闘不能回避以前にものすごくやられにくい性能となっているようです。

こちらもクロチルダさんを用意して領域を解除していかないと倒すのは無理ゲーかも…?

新選組リィンなら攻撃を防がれても連撃が発生するので、もしかすると対応できるかもしれませんね。

いずれにしても新衣装のクロチルダさんに届くには、いろいろと高い壁を超えていかないとなかなか難しいのかなと思います。

遥かなるオペラ・改(Passive)

1番目に置くと発動する効果」はだいぶお久しぶりな気がします。

たぶんオーレリア以来ですよね。

そのオーレリアの「威圧」やカシウスの「戦略分析」、さらには最近の新選組キャラも含めたデバフがすべて無効という今回の性能。

なんだかすごい性能です。(・ω・;)

オーレリアとは閃4でも一緒に戦ったりと、何かと縁がある印象も。

武術と魔術の双璧…2人ともめちゃくちゃかっこいいですよね。

2人が揃っているときの絵になりすぎ感は半端なかったです。笑

他の効果については、やっぱり2の「水の領域」の再獲得が強いと思います。

「クロチルダさんが無理ならまず他のメンバーから」という作戦も一切通用しないというかなり鬼畜な性能。

「蒼の深淵」と比べるとこの味方全体パッシブは数こそ少なめですが、今の環境で強いものを揃えた優秀なパッシブとなっているようです。

愁いの第二楽章(Passive)

こちらは新しく追加されたパッシブ。

「深淵状態」は

  • 水属性有効率+100
  • クリティカル率-100%

という効果で、「水属性有効率アップ」は火力面で大きな貢献をしてくれそうです。

最初にマクバーンが「火属性有効率アップ」をひっさげて登場したときは結構話題になりましたよね。

僕自身、レイドでとんでもないダメージを出している動画(画像だったかも?)を見たときはかなり衝撃的でした。

あまり持っているキャラが多くないデバフということで、こちらも強みの一つとなってくるのかなと思います。

深淵の蒼き唄・改(Sクラフト)

水属性攻撃ということで、「属性有効率アップ」の効果が乗るSクラフト。

説明文ではマスタークオーツの効果も乗るよ~といったことも書かれています。

こういう一つの属性に特化させていく感じはなんかすごく好きです。

僕は「属性有効率アップ」を持ったキャラが誰もいないので、ちょっと羨ましいな~という気持ちも…。笑

めちゃくちゃ凝った演出の「深淵の蒼き唄」。

オペラ劇場を背景に、クロチルダさんがしゃべるセリフがまたすごくかっこよくて。

僕的に好きなSクラフトの一つです。

あのうにょうにょした手はちょっと怖いですけど…。笑

あの手は一体なんなのか、あの穴はどこにつながっているのかについては、あまり考えない方がよさそうです。

パーティー・クロチルダまとめ!

クロチルダさん初の衣装は、アーツに特化した性能となりました。

最近アーツキャラやアーツパーティーがかなり熱い感じ🔥になってきてますよね。

以前は厳しい印象も否めなかったアーツですが、今はもうクラフトとの差もほぼほぼなくなってきてるんじゃないかなと思います。

僕も最近は「アーツパーティーやってみたい!」という気持ちが結構強くて。

ただ今からだとさすがにちょっと難しいということで、指をくわえながら眺めるしかないというのが最近の状況です…。笑

パッシブキャラまで考えると、やっぱり1年くらいのスパンで揃えていく覚悟が必要ですからね~…。

長くやってきた分、少し腰が重くなってしまってる部分もあるかもです。

性能面ではアーツ以外にも、防御面がかなりやばいことになっていました。

戦闘不能回避+領域は今までもあったんですけど、今回のクロチルダさんはそれのさらに進化系ということで。

正直今の僕のパーティーだと、ダメージを与えることすらできなさそうです…。笑

今回イベダンはないようですが、今後登場したときには苦戦は必至な予感も。

ただ味方としていてくれる場合は、ほんとに心強い存在になってくれそうですよね。

鉄壁ともいえる守りを展開してくれるので、アーツパーティーではぜひぜひ編成に入れたいキャラになるんじゃないかなと思います。

新キャラ性能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Canoe Games
タイトルとURLをコピーしました