【暁の軌跡モバイル】セーラー・ティオの性能をチェック!

セーラー・ティオ登場!

今日のアップデートで、ティオの衣装第1弾として「セーラー・ティオ」が実装されました。

セーラー・ティオと言えば「導力遮断」による行動不可が代名詞みたいなところもあったんですが、モバイル版ではカットされたようです。

行動不可というのは文字通り、一切の行動ができなくなるというチートじみた性能で、ブラウザ版でも特に強いパッシブの一つだったりもしました。

今回カットされたのは、さすがにちょっと時期が早いということかもしれないですね。

イベント戦とかの張り合いがなくなる、みたいな理由もあるかも。

行動不可がなくなった代わりに、SPDダウンのデバフが追加。

戦闘開始直後に強くなるという意味では、比較はしづらいけど悪くはないんじゃないかなとも思います。

そしてアナライザーからエナジーサークルにチェンジ。

この変更によって、ヒーラーとしても活躍できるようになりました。

これは嬉しい点ですね。

あと気になるのは駆動時間の短縮でしょうか。

モバイル版ではアーツ主体のパーティーも組みやすくなっているので、永続で駆動時間を短縮できる効果はより活かしやすくなっていると思います。

今回多少調整が入ったセーラー・ティオですが、ダメージアップや被ダメ減少、駆動時間短縮など場所を選ばず使える性能も多いので、戦力アップする上で有力な候補になってきそうです。

セーラー・ティオまとめ
  • ターン制限はあるものの、優秀な被ダメージ減少もち
  • クローゼなどと組み合わせて、被ダメ減少の効果を上げていければさらに強力に
  • 導力遮断によって高難易度で重要な「戦闘開始直後」に強い
  • できる限りスタメンで使って導力遮断を維持しながら戦いたいところ
  • エナジーサークルは蘇生こそついていないが、優秀な範囲回復クラフト
  • 駆動時間短縮はアーツ主体で戦うならぜひ欲しいパッシブ

この記事はいかがでしたか?

-新キャラ性能

© 2020 Canoe Games