【創の軌跡】軌跡シリーズ新作の情報がついに公開!いろいろ語っていきます!

2019-12-18

大団円を迎えた閃の軌跡Ⅳから1年と3か月。

新作についてはほぼベールに包まれたままでしたが、ついに!

新しい軌跡シリーズの詳細が公開されました!

デデン。

タイトルは、「創の軌跡」

きましたね~。

夏前にちょろっと「新作と関係が…?」という画像が公開されていましたが、ようやく正式なタイトルとどんな物語になるのか知ることができました。

今回はついにお目見えした軌跡シリーズ新作について、いろいろ推測したり語ったりしていきたいなと思います。

「創の軌跡」概要

まず気になる発売日ですが、2020年夏に決まりました!

夏、ということでいつもの軌跡シリーズ(9月末発売)よりはちょっと早い感じでしょうか。

まあ9月も残暑的な意味で夏かもしれないので、ちょっと「どっちなの~><」というヤキモキ感もあるんですが。笑

でも楽しみなことに変わりはないので期待しながら待ちたいと思います。

あと今回は主人公が3人制のシステムになるようです。

三つのルートを任意に切り替え、異なる視点で同時間軸の物語を描いていく《クロスストーリーシステム》。

「創の軌跡」公式サイトより

これもめちゃくちゃ楽しみですよね~。

いろんな視点から見れることで、軌跡シリーズならではの物語の深みもグッと増してきそうです。

主人公はリィン・ロイド・謎の仮面の人(+謎の少女)の3人。

最後の謎の仮面の人がものすごい気になりますが、そのあたりは公開された画像を見ながらあれこれ語っていきたいと思います。

「創の軌跡」の画像5枚

主人公①「英雄」

まず最初の画像は、謎の人物と対峙するリィン

場所はユミル…でしょうか。

以前公開された画像でもユミルにいる姿が映っていたので、可能性としてはありそうですよね。

夏前の公式生放送より

相手の人はなんとなく服の色合い的に帝国関係者っぽい感じもあります。

穏やかじゃない雰囲気なのがちょっと気になるところ。

「帝国パートの主人公がリィン」という感じになっていきそうですね。

主人公②「解放者」

2枚目は零碧の主人公ロイドと…ノエルさん!

ノエルはかなり久々に顔をみれた気がします。

3Dになってからは初かも?

君は俺がもらう」でお馴染みの2人。

この2人をまた見れるのもほんとに楽しみです。

ようやく解放されたクロスベルですが、弱体化していくであろう帝国と新大統領のもと勢いをつけそうな共和国の間で、また一波乱も二波乱もありそうです。

クロスベル編の展開も、碧から軌跡シリーズに入った僕としてはめちゃくちゃ気になるところです。

主人公③「隠者」

これは…誰でしょう?笑

ん~…「隠者」というのがいろいろ想像を膨らませてくれるんですが、共和国の関係者か結社の関係者か…といった感じでしょうか。

隣にいる女の子とはコンビで動く形になりそうですね~。

格好が空のころのレンを彷彿とさせる感じでかわいいです。

おそらく主人公枠の1人になるので、この2人の掘り下げや物語にどう絡んでいくのか注目ですね。

マクレイン親子

お墓の前でお祈りをするシズクとアリオス。

この2人もお久しぶりです。

クロスベルが無事に解放されたことをお母さんに報告している場面でしょうか。

アリオスさんもようやく一つ区切りをつけられたのかもしれませんね。

碧でのシズクの目に関するイベントでは、ほんとにもうよかったというか嬉しかったのを今でも覚えてます。

キーアもあのときはいろいろ大変だったと思うんですが、シズクのことに関してだけは本当によかったなぁと思っています。

2人が物語にどう絡んでくるのかも楽しみです。

リーシャと…

今回一番「おおっ!」となったかもしれない画像。

リーシャ再び!っていうのももちろんあるんですが、その周りにいる2人。

これは閃の軌跡Ⅳの書物「3と9」に登場していたスウィンナーディアですね~。

ついにきましたよ~。笑

夏前の公式生放送でも触れられていた2人。

くるかな~と予想はしていたんですけど、ようやく正式な形で2人の姿をみることができました。

ナーディアは相変わらず後ろ姿ですが、スウィンの方は初めて顔も公開されましたね。

まだ少年っぽさも残ってますがイケメンです。

ナーディアの方はとりあえず針が思ったよりでかいです。笑

針というよりは短剣に近いような…。笑

月の下での暗闘という感じも、この3人だと絵になりすぎてやばいです。

場所はクロスベル…あるいは共和国かも?

スウィンとナーディアはどうやら主人公枠ではないようですが、どんな役回りで登場するのかこちらもめちゃくちゃ楽しみです。

[ad]

「創の軌跡」まとめ!

3人の主人公によるクロスストーリーとなる「創の軌跡」。

これまでの物語の総決算とも言えるお話になっていそうです。

閃の軌跡Ⅳの最後に登場した「盟主」もそのお顔が公開されています。

こうしてタイトルと一緒に盟主が出てくると、いよいよ軌跡シリーズも完結へ向かっているんだなぁと実感できますね。

あとツイッターでも指摘されていましたが、3つの糸(意図?)が盟主の手を通して1つになっているというのもまた意味深です。

閃4で明かされた「世界の秘密」も含めて、今回は結社の動きにも注目が集まりそうです。

-軌跡シリーズ
-

Copyright© Canoe Games , 2020 All Rights Reserved.