【創の軌跡】週刊ファミ通2月6日号をみての感想!

今回も創の軌跡特集を読んでの感想なんかを書いていきたいと思います。

今回は「特務支援課」にスポットを当てた記事となっていました。

支援課メンバーについて

ロイドとエリィ

ロイドは閃3から引き続いての前をはだけたワイルドなスタイル。

このスタイル、かっこよくて好きです。

なんかだいぶお兄さんのガイに似てきた感じもありますよね。

そう考えるとなんだかちょっぴり感慨深い感も。

今回、エリィと親密そうな会話をする画像も公開されています。

この2人の仲もついに進展する…かも?

まあロイドも相当にモテモテなので、まだ微妙に疑心暗鬼だったりするんですけど…。笑

碧の絆イベントでは一番最初に見たのがエリィだったので、どうなるのかどうなっちゃうのか、個人的にはかなり気になっています。

ティオとヨナと

ティオは閃4でもそうでしたけど、だいぶ大人びてきた感じがありますよね。

ただ2年経ってもみっしぃ好きは変わっていないようで、閃4でも目をキラキラさせてステージを楽しんでいたのがかわいかったです。笑

画像ではヨナとロバーツ主任(元?)らしき人も映ってます。

ヨナも解放作戦ではティオ・フランとともに頑張るみたいですし(碧のエンディングより)、活躍に期待ですね~。

そしてもう1枚の画像では、支援課4人とセルゲイ課長の姿が。

4人がこうして揃っているのを見ると、やっぱりテンションが上がっちゃいます…!😆

課長と向き合って会話してる場面も、碧の軌跡をプレイしていた当時を思い出して無性に懐かしいです。

僕は碧が初の軌跡シリーズだったので、思い入れもちょっと特別で。

支援課ビルが必ずしも固定の拠点というわけではないみたいですが、またあのビルで支援課としてプレイできるのが本当に楽しみです。

ランディとミレイユ

ランディは零碧のころを思い出させてくれるオレンジジャケット

こっちも懐かしい!

やっぱりランディと言えばこの色ですよね。

そして画像ではミレイユさんも。

そろそろランディも観念して素直になってくれたら嬉しいです。笑

もう誰が見てもお似合いだと思いますし。

クロスベル解放の暁には、そういったシーンも見れるのかなと密かに期待しています。

ノエルとフラン

シーカー姉妹が揃ってるのをみるのも、ものすごく久しぶりな気がします。

フランの3Dはたぶんこれが初ですね~。(後ろ姿ですが)

離ればなれになっていた2人ですが、無事に再会できたようです。

画像ではちょっと気恥しそうにしてるノエルと喜んでる(泣いてる?)フラン。

このノエルめっちゃかわいい!

またこうして仲良さそうな2人を見れたのも嬉しいです。

碧ではフランの明るさや元気さにだいぶ癒されてた部分もあって。

クロスベル編のクエスト報告では、またフランが対応してくれたりすると嬉しいなと思います。

ワジとあの人も

ワジは相変わらずかっこいいというか、なんかもう美しいです。

碧をプレイしてるときは、わりと本気でどっちなのかわからなかったときもありました…。笑

碧のときの聖杯衣装もよかったですけど、今回のノースリーブバージョンもまたいいですよね~。

ワジのもつ中性的な雰囲気とも合っていて、めちゃくちゃかっこいい!

近藤社長のインタビューによると、ワジの相棒として待望のあのキャラ(ヴァ〇ドさん)も登場するみたいなので、そちらにも期待しましょう!

インタビュー部分からの感想とか

解放は閃4のエンディングで触れられていたので、創では独立について語られるのかなと思っていたんですが、解放についてもしっかり描かれていくようです。

ルーファス親衛隊との戦いも描かれるとか。

やっぱり解放される瞬間は自分の目で見たいですし、碧・閃と続く流れで隙間なくプレイできるのは嬉しいなと思います。

プレイアブルキャラクターとしてはまずリーシャの名前が挙がっていて、それ以外にもたくさんのキャラが登場するようです。

ダドリーさんの正義の拳も見れるかも…?笑

さらにイリアさんとアルカンシェルにもスポットが当たるようです…!

衝撃的すぎたあの出来事から2年、ついに復帰したイリアさんが見れるんですね~…。

リーシャと2人で踊っている画像も公開されています。

当時はわりと本気でショックが大きかったので、本当に「ついに」という感じで安堵感がやばいです。

アルカンシェルにもということで、シュリもまた登場してくれるんじゃないかなと思います。

閃4で見れたヨナとのコンビも好きだったので、創でもぜひぜひまた見てみたいなと思っています。

Kindle Unlimitedに入っていると、週刊ファミ通を毎週無料で読むことができます。

気になる方はこちらから~。

Kindle Unlimitedをチェックする!【無料体験】

ではでは!

この記事はいかがでしたでしょうか?

-軌跡シリーズ
-

© 2020 Canoe Games