【創の軌跡】電撃PSLiveを見ながら「隠者ルート」を語ります!

カヌー

3月26日に配信された「電撃PSLive#82」の近藤社長インタビューの中から、今回は隠者ルートについてあれこれ語っていきたいと思います。

近藤社長インタビュー

近藤社長インタビューは19分40秒あたりから。

イメージイラストの注目ポイント

新メンバー(隠者ルートの4人)に注目してほしい。

創の軌跡全体でも、4人の役割は中心部に近い。

引用元:ファルコム公式ツイッター

 

「3と9」のスウィンとナーディアが前面に出ているのが印象的な新イラスト。

一番最初の発表のときは「顔見せくらいかな…?」とも思っていたんですが、メインに近いポジションでの活躍が期待できそうですね~。

それにしても、このイラストだけ見ると「主役感」が半端ないです。笑

ビジュアル的な映え方とか、設定の細かさとか、あとは男女のペアであることとか…。

改めて「軌跡シリーズ後半戦の主人公」になってくるんじゃないかなという予感がしています。

カヌー

個人的にすごく好きな2人なので、そうなってくれたら嬉しいです。

「隠者」が指すもの

名前は《C》。性別は男性。「意外」な人物。

プレイヤーも誰なのかわからないまま進めていくことになる。

《C》といえば、まず「帝国解放戦線」のリーダーだったクロウが思い浮かぶところ。

ただ、今回の《C》がクロウなのかはまだわからないようです。

週刊ファミ通のインタビューではこんな記述もありました。

帝国の事情をある程度把握している。

本来得意ではない武器を使っていたり、喋り方を変えている可能性もある。

引用元:創の軌跡公式サイト

 

剣はなんとなく帝国っぽい感じもするんですが、得意武器じゃないとなると迷宮入りしそうな感じも…。笑

とはいえ、「姿を隠さないといけない」という点を考えると、ある程度絞っていくこともできなくはないのかも。

ツイッターでは、セドリックやルーファスの名前が挙がっていました。

キーワードの「Miserable Sinners」(直訳で“哀れな罪人”)とも合わせて、結構ありえる2人な気がしています。

スウィンについて

ゲーム内小説からパーティーメンバーに入ってくるのは珍しいパターン。

クラフトが独特で、50人以上のキャラが登場する中でも唯一の性能。

引用元:創の軌跡公式サイト

 

クラフトは近藤社長いわく「ズルい!」です。笑

それだけ強い💪ってことでしょうね~。

「3と9」では、二刀で斬りつけた箇所を大剣に変化させてからもう一度斬ることで、斬った箇所を爆発させることができるというものでした。

「即席のアーツ」という記述もあったので、クラフト攻撃+アーツ攻撃という感じの、かなり火力の高いクラフトなのかもしれないですね。

関連記事
軌跡シリーズ新作とも関係がありそうな閃4の書物「3と9」の概要。

続きを見る

スウィンたちを追っている「組織」はシリーズで登場済み?

今までに登場していない組織。

全容が明らかになるかは、ゲーム内で確認してほしい。

「組織」というとやっぱり「結社・身喰らう蛇」を想像しちゃうんですが、スウィンとナーディアが所属していた組織はまったく新しい組織となるようです。

たしかに幹部が大アルカナの名前とか、ちょっと違う要素は見られましたよね。

あと、わりと自由な気風の「身喰らう蛇」に対して、この「組織」はかなり規律が厳しい印象もありました。(粛清とか名前を奪うとか)

シリーズの後半戦では、「身喰らう蛇」との関係性にも注目したいなと思っています。

ナーディアについて

ぬいぐるみに注目。

得物が多彩で、見ているだけで楽しい戦闘。

小説でも見せていた性格の緩急(メリハリ)を、絵がついたゲームでも体験してほしい。

引用元:創の軌跡公式サイト

 

小説内でわかっているのは「針」と「鋼糸」を使うという点。

もしかしたらまだ増えたりするかも…?

複数の武器を使いこなすというのが、ちょっと珍しいタイプのキャラなのかなという気がしてます。

シャロンさんのような達人にはまだ及ばないとのことですが、「鋼糸」を使ったアクションも楽しみにしたいです。

スウィンとナーディアの目的

小説を読んでもらえるとなんとなく想像はつくとは思う。

組織から追われていて、これからどうしようという状況。

物語を通じて今後の道を見つけていく。

おそらく《C》たちに協力する中で、組織との縁を切るきっかけをつかんでいく…という感じになるのかなぁと。

最終的にはやっぱり遊撃士になるんでしょうか?

というか、なってほしい…!笑

今まで大変な思いをした分、これからは明るい道を歩いてほしいな~って思っています。

ナーディアに引っ張られて劇団員になるのもありかもですね。

スウィンはあまり向いてないかもですけど…。笑

ラピスについて

ローゼンベルク製の人形。

物語の大きな鍵。

人格を持つ理由は今回の核心部分の一つ。

ラピスは自分自身の謎と向き合っていくことになる。

前回、「足甲」的なものかも~なんて言っていたんですが、見事大外れして、やっぱり「ローゼンベルクの人形」ということになりました…。笑

今回のイメージイラストでもかなりキーになりそうな描かれ方をしていて、予想以上に重要なキャラとなってきそうです。

引用元:創の軌跡公式サイト

 

性格に関してはかなり意外な感じになりましたよね。

見た目的に大人しい子なのかなと思っていたら、「元気でちょっと小生意気っぽいところもかわいらしい女の子」といった感じの模様。

近藤社長によると「ナーディアとの爆発力がすごい」とか。

奔放×奔放で、たしかにいろいろと収拾のつかなさがすごそうです。笑

スウィンくんはツッコミでだいぶ忙しくなりそう…。(;´∀`)

「元気な女性陣に振り回される男性陣」という構図は僕的に好きなので、このルートでプレイするのがかなり楽しみになる新情報となりました。

今回のまとめ!

引用元:ファルコム公式ツイッター

 

今回は謎の多かった「隠者ルート」の情報を、だいぶ知ることができたのかな~と思います。

スウィンとナーディアは次回作以降、エステルとヨシュアのような関係になっていくのではという期待もしてます。

恋愛要素好きなので、そういう方向でもちょっと期待をしつつ…。笑

ラピスに関してはもういろいろと意外でしたね~。

でもめちゃくちゃかわいかった!

ラピス自身が物語の核となってくるとのことで、今後の軌跡にもつながる謎が用意されていそうです。

新しい至宝との関わりもあるかも…?

今回で一応3ルート分の紹介が公式でも終わったわけですが、おそらくまだ更新は続くと思うので、次回の新情報も心待ちにしたいな~と思っています。

カヌー

ではでは!

この記事はいかがでしたか?

-軌跡シリーズ
-

© 2020 Canoe Games