「マリオカートツアー」マリオカートがアプリゲームとして登場!さっそくプレイしてみました。

お試しプレイ

本日9月25日からサービスを開始した「マリオカートツアー」。

前々から楽しみにしていたのでさっそくプレイ!

どんなゲームなのか実際に遊んでみての感想なんかを書いていきます。

スポンサーリンク

まずは登録から

登録は大きく分けると2つ。

  • ニンテンドーアカウントを使って登録
  • 新規でアカウントを作って登録

今回は新規で登録してみました。

必要になるのは、名前・メールアドレス・生年月日くらい。

名前は別に本名じゃなくても大丈夫なようです。

僕はカヌーで登録しました。

まあ本名でもニックネームを登録すれば、ゲーム上ではニックネームが表示されるみたいですね。

無事登録が完了して、ドライバーズライセンスをゲットできました。

キノピオがいっぱいでかわいいです。

マリオカートツアーにもいわゆるガチャ要素があって、チュートリアルを挟む形で2回ガチャを引くことができます。

1回目はキノピオ、2回目はクッパが来てくれました。

かわいいと思ったそばからキノピオゲット。

このへんは固定だったりするんでしょうか。

どっちにしてもかわいいからOKです。

準備も整ったところでいよいよ本格的にレースの開始となります。

レース中の操作について

操作はいたってシンプル。

基本的に何もしなくても進んでくれます。

なので重要になってくるのはこの2点。

  • ドリフト
  • アイテムの使用

ドリフトは設定から行うことができるようになります。

タッチパネルで操作というのが慣れるまでにちょっと時間が必要で、はじめはものすごい蛇行運転になって大変でした。笑

ポイントはドリフト以外はあまり長くタッチしすぎないで、細かくタップしながら調整するという感じでしょうか。

慣れてくるとドリフトもグイーンと曲がれて気持ちいいです。

基本操作はドリフトとアイテム操作がメインなので、そんなに複雑なテクニックがいらないところがとっつきやすくていい点かなと思います。

実際に3カップ目くらいまで遊んでみたんですが、上手くなくてもたまに1位とれることもある感じが楽しくて、ついつい「もう1レース!」みたいになっちゃいます。

ポイントとグランドスター

マシンやキャラにはベースとなるポイントが設定されています。

レースをすることで、RPGのレベルのような感じでベース値をあげていくことができます。

ベース値を上げるメリットは「グランドスター」の獲得がしやすくなるという点。

このレースでは2300ポイント獲得することで5個のグランドスターをゲットできます。

ベース値を高くしておけば、順位が1位でなくてもグランドスターを手に入れやすくなるということですね。

このグランドスターを集めることで新しいカップがオープンしていくという流れになっています。

ドライバーズランク

ドライバーランクを上げることでゴール時にもらえるポイントをアップすることができます。

キャラクターやマシンと同様にグランドスターの獲得をよりしやすくなるのが嬉しい点です。

またランクが上がると新しい㏄(マシンの排気量。要はスピード)での挑戦が可能になります。

㏄が上がると対戦相手のレベルも上がっていきます。

もっと歯ごたえがあるレースがしたい!という時には100㏄や150㏄を選んでみるのもいいかもしれません。

1位になったときの獲得ポイントも少し多くもらえるようになっています。

まとめ

最初はタッチスクリーンでのマリオカートに悪戦苦闘な感じもあったんですが、操作自体はシンプルなので慣れてくると遊びやすいゲームという印象です。

1レース2周というのも手軽にプレイできていいですね。

また、キャラクターやマシンを育成できるというのもRPG好きとしては嬉しい点です。

育てていけばレースでポイントを得やすくなって、必ずしも勝たなくても次へと進んでいけるというユーザーライクなシステムになっていると思います。

お試しプレイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Canoe Games
タイトルとURLをコピーしました