「プリコネ」ペテロ大森林・東部のノーマルクエストを攻略!

エリア27「ペテロ大森林・東部」道中(27-13まで)攻略

前エリア「ペテロ大森林・西部」に続いて、新たに実装された「東部」の開拓を進めていきます。

まずはボス手前の27-13まで。

☆6実装から初の新マップということで、今回は☆6美食殿を中心にしたパーティーを組んでみました。

アタッカーはキャルだけという、まるで防衛パーティーのようなカチコチのメンツ。

火力面の不安はアビスバーストを連発させることで補っていきたいと思います。

キャルのユニオンバースト

高威力で全体範囲のキャルの新UB・アビスバースト。

全体魔法はロマンがあって好きです。

このアビスバーストを連発でポンポン撃っていくには、ユカリの存在が重要になってきます。

ユカリのスキル2

ムーンライトをキャルに集中させて、UB連発を可能にしていくという感じですね。

キャルに集中させる方法は簡単で、キャルだけがUBを使えばいいというシンプルなもの。

この方法でやる場合、他のキャラが一切UB撃てなくなるという弊害もありますが、今回主役はキャルなので気にしないことにします。

そしてこちらは道中よく出てきて、☆3クリアの妨げにもなってくるお馴染み「ウキキー」。

このウキキーもアビスバースト連発に利用していきます。

徹底した後衛狙いで魔法キャラにとっては天敵のような存在なんですが、☆6になって耐久力も上がったキャルならあまり苦にしません。

被ダメージでTPが稼げて逆においしいというくらいの相手に。

受けるダメージもアクアヴィットのHP回復だけで間に合います。

ユカリのスキル1

ムーンライトや時には天敵ウキキーすら活かすことで敵をまとめて殲滅していく、とまあそんな感じの戦い方になってきます。

うまくハマったときには、1戦の中で10回以上アビスバーストを撃てることもありました。

ド派手な演出のアビスバースト。

撃っていて楽しいのが最大のポイントです。笑

今回は連発する方法でやってみましたが、ちゃんとバフをして一発ごとの火力を上げるのも強いと思います。

ネネカと組ませればクリティカルで10万を超えたりすることも。

最終的にはバフを重視していく方がいいかもしれないですね。

ただ、連発する方はキャルとユカリがいればできるお手軽さもメリットなので、1つのやり方としてこういうのもありかなという風には感じています。

27-14 ベノムサラマンドラ戦

エリア26から引き続きの登場となるベノムサラマンドラ。

相変わらずわかりやすく毒々しいです。

ボス戦はちょっとメンバーを変更。

さすがにボス相手にアタッカー一人では火力が足りなかったので、ユカリからキョウカに変えてみました。

キョウカを道中いれられなかったのは、ウキキーの猛攻に耐えられないというのも結構大きくて。

このベノムサラマンドラ戦では後衛への直接的な攻撃はないので、安心して使っていくことができます。

前回同様、注意すべきはボスUB後の毒DOTダメージ。

937ダメージ(多分固定)が5回入るため、HPが低いキャラだともろもろ合わせて結構もってかれます。

ペコリーヌとコッコロがタフすぎて伝わりづらいですが、ピンチの場面。

キョウカの最大HPは14362。

このくらいのHPがあれば5回目の毒ダメージが入ってから回復しても十分間に合うので、慌てずに回復していきたいところです。

[ad]

新しい装備追加

エリア27では新たに6つの装備が追加されました。

これで左の段の真ん中が埋まる形に。

残る「?」は一つ。

そろそろランク15も見えてきそうですね。

まとめ

今回は美食殿中心、特にキャルにスポットを当てて攻略してみました。

最新のクエストを美食殿が揃った状態でクリアしていくというのは、やっぱりテンションが上がります。

3人ともほんと強くなりましたよね~。

美食殿好きとしては嬉しい限りです。

ペコリーヌは難攻不落の要塞のような硬さで、HPが半分になることさえまれな感じ。

コッコロはタンクもできるヒーラーとして活躍できる性能。

キャルの攻撃はアリーナとクエストで特に強力。

得意な場所はありつつも、タンク・ヒーラー・アタッカーとしてそれぞれ優秀なので、割とどこでも使っていきやすいキャラになっていると思います。

3人揃って使ったときのバランスも良い感じです。

ペテロ大森林・東部はハードクエストも同時に実装されているので、そちらでも美食殿の3人を使って攻略していけたらなと考えています。

この記事はいかがでしたか?

-攻略

© 2020 Canoe Games