【プリコネ】「ドラゴンエクスプローラーズ」感想。

ストーリー感想

今回のストーリーの主役は、新ギルド「ドラゴンズネスト」のホマレ・カヤ・イノリの3人。

カヤとイノリはメインストーリーでもちょろっと出てましたが、今回はホマレも初登場して、ギルド揃ってのお披露目となりました。

メインストーリーでは「ドラゴン族」や「ギャング」なんていう、ちょっと剣呑な単語も出てきてて。

一体どんなギルドなんだろうって気になってたんですよね。

まあそんな剣呑さとかもイノリのおかげでどっかに飛んでいきましたが。笑

イノリはもう何をしてても面白いです。

その場にいるだけで和むというか。

でも割といろいろ考えたりもしてて、そういう健気な部分も含めていいキャラだったなぁと思います。

そのイノリと仲良しコンビのカヤ

カヤはパッと見は怖そうですけど、実際には優しくて面倒見もいい姉御肌なキャラでしたね~。

喧嘩っぱやい部分を除けば、3人の中だと一番とっつきやすいかも。

ボスのホマレは…目を開いたときがちょっと怖かったです。笑

底が知れない感じもあるんですが、イノリとのやり取りは楽しくて好きでした。

もうちょっとホマレ中心の話も読んでみたいです。

目的はいわゆる「世界の秘密」に関わることなので、もしかするとメインストーリーでも重要な絡み方をするかもしれませんね。

ギルド内の関係性的には、ホマレが保護者でカヤとイノリが姉妹みたいな印象を受けました。

今回のストーリーでは「王宮騎士団(NIGHTMARE)」のトモとマツリも登場。

2人も相変わらずの仲良しコンビでしたが、カヤ・イノリのコンビと対比させることでお互いに仲間の大事さを再確認する、みたいな流れはよかったですよね。

NIGHTMAREとドラゴンズネスト。

ギルド自体も正反対みたいな雰囲気ですが、それゆえに交わったときの面白さというのがあったように思います。

ジュンが最後に言ってたように、2人にとっても成長するいいきっかけになったようです。

物語終盤では「ドラゴンもどき」との戦闘に。

クエストでも強かった火の実を使った「ブレス」で攻撃を仕掛けられます。

でもブレスなら本当のドラゴンと縁が深いドラゴン族の方が一枚上手で。

イノリのブレスでしっかり相殺してました。

さすがはドラゴン族…って顔!笑

この顔はずるいです。

笑っちゃ悪いかな~とも思うんですけど、でもここはもう何度見ても面白くて。

しかもしゃべるときにこの口のままピヨピヨ動くんですよね。

あれはさすがに我慢できないです。笑

カヤの方はというと、右手自体が強力な武器みたいな感じでしょうか。

主人公がやられて「覚醒」したときも、右手を中心に炎をまとっていました。

このへんはかなり中2心をくすぐられたりも。

ダークヒーローっぽいかっこよさを感じました。

相変わらず吹っ飛び方がものすごくて、ちょっとドラゴンもどきがかわいそうでしたけど。笑

今回ホマレは戦闘に参加しませんでしたが、杖が武器っぽいのでヒーラーだったりするかも?

「聖テレサ学院・なかよし部」のユニとチエルもまだなので、当分先にはなっちゃいそうですが、3人とも実装される日が楽しみです。

今回新ギルド、そして新キャラが登場するストーリーとなったわけですが、やっぱりストーリーを読むと「愛着」というのが一気に出てきますね。

どんなキャラなんだろうって思っていても、読み終わるころにはもうすっかり馴染んでるというか。

1年半以上続いてるゲームで新しいキャラを入れるってかなり大変じゃないかと思うんですけど、そのあたりのキャラ設定や展開のうまさというのは本当にすごいなーと思います。

こんなこと言われてももうかわいいとしか思えないですし。

プリコネのイベントストーリーおそるべし、です。

今回のストーリー感想はこんなところで。

新ギルドがくるときはギルド間の交流が見れるのも嬉しいですね。

次の新ギルドのときも、そういう部分をひっくるめてまた楽しみたいなと思っています。

この記事はいかがでしたか?

-イベント感想

© 2020 Canoe Games